気になる!幼児向け通信教材!

幼児向けの通信教育とは?人気ジャンルはどれ?

幼児向けの通信教材

赤ちゃんが生まれて、一歳を過ぎるころから小学生になるまでの六歳までの期間を「幼児期」というそうです。

その期間に施される教育のことは一般的に「幼児教育」と呼ばれています。
辞書で「幼児教育」と調べてみますと、幼児期は人間としての基礎を形作るとても大切な時期で、お勉強などの知的な学習のみならず、生活の中で、その発達を促すために良い経験や教材、文化財などを与えたほうが良い、とのこと…。
幼児教育の基礎はまず家庭の中で、愛しんで育てていく中で、人間として必要なスキルを学んでいく…といったもののようです。

「幼児教育」というと、なんか天才を生み出すような英才教育を想像してしまいましたが、いわば、幼児期の生活がすべて教育のようなものなのですね。

それでは、「幼児教育」とは、どういったものが好ましいのでしょうか?
文部科学省でも「家庭での教育」を、後に受ける教育のスタートとしているようですが、一番大切なのは身近で関わる大人(家庭で言えば保護者)が接することによって、挨拶をすることや、きちんとお礼を言えたり、悪いことをしたら謝ったり、と人間として生きていく基礎を学ばせてあげることのようです。

一日一回はお風呂に入って、体を綺麗にするんだよ。とか、トイレに行った後は汚いから手を洗おうね。とか、外から帰ってきたら石鹸で手を洗おう。など、衛生面でもこの時期には身につけたい人間としての基礎がたくさんありますよね?

塾や習い事、通信教材などは、そういった家庭での学びに、さらに補足的に用いることで、そのお子さんの成長が促される助けになるものだと言って良いでしょう。

幼児教育とは何でしょう?

このサイトでは、特に、幼児期のお子さん向けの通信教材について見ていきたいと思います。 インターネットで調べましても、いろいろな会社が様々な通信教材を出しています。どこの教材も素晴らしいものばかりです。チェックしたい項目など、気になる点についてまとめてみました。

子供と一緒に楽しめる内容

子供と一緒に過ごす時間…! 子供にとっても親にとってもうれしい時間ですね…。 そんな時に、どんな風に過ごせばいいんだろう?ともどかしく思ってしまう時が、私にはありました。 そんなとき、頼んでおいた通信教材を使って、話を始めてみる…。意外と子供も大人も楽しめる内容が書いてあります。

どれがおススメ?

幼児向けの通信教材。 色々あって迷ってしまいますよね。このページではウェブ上で人気のあった教材について調べてみました。 値段も安いものから高額なものまで、色々あるようです。 それぞれに小学校受験を考えているお子さん向けのもの、基本的な読み書きのドリル中心のもの、付録が豪華なものなど、見ていきましょう。