幼児教育とは何でしょう?

文字の練習

多くの保護者の方が、「小学校に上がるまでにはひらがなを出来るようにさせたい」と考えると思います。
たくさんの教材が文字の読み書きを取り入れています。
ですので、楽しく負担なく学ばせてあげたい、と考える方には通信教材は良いものになると思います。

文字の書くのには、運筆練習というものがとても大切で、しっかりと正しい字を書くためには手の力の入れ具合など、小さいころから、鉛筆になじんでおくことが助けになると思います。
話はそれますが、塗り絵なども運筆練習には効果的で、まだ小さいお子さんの場合は、そういった遊び感覚で絵をかいたり、色を塗ったりすることが、後々綺麗な文字を書くのにとても助けになります。

そういったものが教材にどれくらい入っているかも選ぶ基準になりますね。

理科系の教材

子供さんが幼児期になると、いろいろと「これはなに?」とか、自然の現象を見て興味を持ったり、と保護者の方もひとつひとつ答えるのに必死になると思います。

子供さんは生まれてきたこの世界のことに興味いっぱい!
空を見ても、雲を見ても、感動があるのです。
嵐が来れば怖がりもすると思いますが、すさまじい自然現象に感動も覚えるでしょう。

そういった身の回りの自然や現象について分かりやすく書いてあるものを選ぶのも一つのコツです。
また反対にそういったことにはあまり興味を示さないお子さんであれば、社会のことや、絵本の世界など、そちらに力を入れている教材を見てみるのも良いと思います。

通信教材には、多くの場合、そういった身の回りのことを学習する教材が入っています。お好みに合うのを探してみるといいですね。